マイカードプラスの在籍確認! キャッシング審査の方法

マイカードプラスの在籍確認! キャッシング審査の方法

 

マイカードプラスは、大手金融機関が提供する、銀行系の融資サービスです。

 

特徴としては、インターネットで申し込みが行えたり、来店不要で手続きが完了する点が挙げられます。

 

また、借入限度額に余裕があること、そして担保や保証人が不要な点も、このサービスの魅力といえます。

 

限度額は最大100万円までで、専業主婦やアルバイトも申し込み可能ですから、多くの人が融資を希望しています。

 

マイカードプラスに興味を持ち、申し込む予定がある場合は、審査情報を把握してからの方が安心です。

 

申し込み後の審査は、対象者によって異なるものの、約2週間程度の時間が必要となります。

 

満20歳から65歳までなら、返済能力次第で申し込めるので、特別難しい条件はないと考えられます。

 

しかし、在籍確認は原則としてありますから、この点を理解して備えることが重要です。

 

インターネットで申し込むと、手続き開始前に電話確認が行われます。

 

自宅の電話番号を指定すると、そちらに電話があるので、必ず受話器を取り確認を受ける必要があります。

 

携帯電話番号でも申し込めますが、やはり信用を得る必要がありますから、自宅の固定電話を指定した方が、審査を受ける側にとってプラスです。

 

申し込みが正式に受理されると、そこから約2週間の審査が始まり、期間を経て融資の結果が出されます。

 

肝心の審査結果は、電話やメールではなく郵送の書類で届くので、自宅を指定して受け取ることが欠かせません。

 

書類を見逃してしまえば、何時まで経っても審査の結果が分からず、借り入れを始めることが出来なくなります。

 

融資を行うマイカードプラスは、金融機関が利用を提供する以上、郵送の封筒に名前を記載します。

 

家族に知られたくない、あるいは秘密にしたいのであれば、自宅以外で受け取ることがポイントです。

 

審査の期間中は、申し込み書類に目が通されたり、信用機関に問い合わせが行われ、総合的に融資の可否が判断されます。

 

書類の内容に、記入漏れや間違いがあるなら、審査は中断されて再提出が求められるでしょう。

 

申し込みが合格していれば、信用の状態に応じて、今後の確認や融資結果が出るまでの期間が定まります。

 

確認が必要、マイカードプラスがそう判断した時は、自宅や職場に確認の電話があります。

 

自宅に電話が行われる場合は、家族も在籍証明が行える立場となるので、本人以外が出ても効果的です。

 

一方、勤務先に電話が行われるケースでは、同僚や職場の上司が電話を受けることになります。

 

いずれにしても、マイカードプラスは在籍確認の確率が高く、間違いなくあるものと考えておいた方が無難です。

 

時々、確認なしで審査結果が出たり、融資が始まることもありますが、確率的にはとても稀です。

 

通常は2週間の間に、少なくても1度確認の電話があり、申し込みの意思を伝えることで審査が始まります。

 

2度目の電話は、自宅か職場に掛かってきますが、可能性は職場の方が強くあるでしょう。

 

例え勤務先に確認があっても、誰かが電話を受けて本人在籍有無を告げれば、それで気になる確認手続きは完了します。

 

本人が受話器を取った場合は、名前や生年月日、借り入れの希望額を伝えることで、本人と認められる在籍確認になります。

 

最低でも、在籍確認があることは予め分かりますから、当日に備え心の準備を済ませることが可能です。

 

ただ、準備といっても気持ちであったり、受け答えの内容確認程度なので、気負う必要は全くありません。

 

申し込み条件を満たしているなら、後は信用の程度と条件の合致によって、融資判定が出るのは時間の問題です。

 

既に系列の銀行口座を持ち、サービスの利用を始めている時は、審査がもっと早くなる可能性があります。

 

口座の残高があれば、経済的な余裕を持っていたり、計画性がある人と判断されやすくなります。

 

何より、本人確認書類が不要となるので、申し込みの利便性が大幅に向上するでしょう。

 

更に収入証明も不要ですから、手続きのスピードが一段と加速して、融資開始までの時間が短縮されます。

 

マイカードプラスの契約を確実にしたい場合は、少しでも長く勤め先の勤務を続け、安定した収入を確立することが近道です。

 

消費者金融で借り入れを行っているなら、新規に申し込む前に、返済を終わらせ完済した方が、審査の評価はプラスになります。

 

収入に余裕がある人は、融資が併用する形になっても、審査で断られるリスクが減ります。

 

ところが、大抵は収入に限界がありますし、多方面から借りていれば、返済が滞る恐れがあると評価されやすくなります。

 

完済の事実を信用情報に残して、返済能力があると認めさせることが、確実な融資を実現する為の鍵です。

 

まずは、申し込み前に準備を整え、審査情報の詳細を確認してから、正式な手続きを始めることがおすすめです。

 

早めの年齢で借り入れを行うと、信用評価のスコアが上がり、将来の融資が今以上に有利となります。

 

在籍確認を超えた先にある融資は、便利な借り入れの実現に繋がるので、恐れず前向きに検討することが大切です。