キャッシングの際の電話確認は回避できる?

キャッシングの際の電話確認は回避できる?

キャッシングの際の電話確認は回避できる?

お金を借り入れるためには、なんといっても信用が重要となります。

 

信用とは、嘘をつく人物であるか否かといった部分の他に、

 

まっとうな社会生活を送っているか否かといった社会的な面も大切となります。

 

返済能力があるか否かを確認するために、在籍確認、職場電話連絡というシステムが導入されています。

 

消費者金融においては、専業主婦や全く働いていない無職の人物は、返済能力がないとして借り入れができないのです。

 

どうしてもお金が必要だからと、職場について嘘をついてまでお金を借りようとする一部の人物が存在するために、

 

職場に電話が行く仕組みになっています。

 

職場に連絡が行くといっても、そちらの社員がお金を借りようとしていますと、

 

言われるのではなく、お金を借りようとしていることは伏せ、単に会社に勤務しているのかどうか、名前を出して確認されます。

 

金融機関の在籍の確認のための電話は、プロのオペレーターが行ってくれるために、電話に出た人物に不信を与えません。

 

アイフル、アコム、レイクなどの消費者金融のみならず、

 

みずほ銀行やイオン銀行といった銀行のカードローンを利用する際にも、在籍の確認の電話は届きます。

 

イオン銀行などは、専業主婦でも利用ができますが、旦那の収入をあてにして返済することとなるので、旦那の職場に電話がいきます。